【ポケモンY】ワイと蛙のカロス放浪記 3話

ツイッターで残念ながらネタ(#フラダリクソコラグランプリ
にされてしまったフラダリさんの出番は次の回から!


 

 

3話:やっぱりピカチュウがナンバーワン!

 

さて、そろそろピカおじょうをトレーナー戦デビューでもさせてあげますかね。
ちなみにピカおじょうとは3番道路にてゲットし、
仲良し度最大まで愛でた♀のピカチュウの事です。

丁度3番道路は誰も話しかけてバトルを申し込んでないので、
早速近くに居る幼女に勝負を挑んでおきましょうか。
勿論お金は奪い取るわ。お金は命より重い(格言)

幼女が繰り出したポケモンはなんとピチュー
まさかの進化前と進化後同士のバトルである。
しかし相手は全く攻撃をせず、そのまま完封勝利で終わった。
そしてピカおじょうはレベルうpし、新たに「なかよくする」という技を覚えた。

よし、ピカおじょう。その攻撃のPPが無くなるまで私に向けてくれ!!

それはさておき、22番道路でのレベル上げで私の手持ちポケモンが強くなってきたので、
早速ジム戦に挑戦しようかしら。
まずはジムの扉を塞いているローラースケートのお姉さんを丁重に退けておきました。
途中ローラースケートで数十分間遊んでしまうハプニングもありましたが、
何とかジムリーダーのビオラさんの所にやってきた。

ビオラ「勝負に挑むその表情、そして初めてのジム戦・・・良いんじゃない良いんじゃないの!
    勝ち負けの瞬間もどちらも被写体としてサイコー!良いんじゃない良いんじゃないの!

語尾長いわよ、カメラマン。

ビオラ「さて、このビオラ。
    シャッターチャンスを狙うように勝利を狙っていくんだから!」

あ、別に語尾では無かったのですね・・・。
そんな訳で初めてのジムリーダー戦、ビオラとの戦闘が始まった。


・ビオラ アメタマ ♀ Lv10
・にちは ピカおじょう(ピカチュウ) ♀ Lv11

此処で私将、ジムトレーナー戦後に少しレベル上げした為に、
先頭を入れ替えるのを忘れてしまう痛恨のミスを犯してしまう。
しかし出したのは偶然にもピカおじょう
偶然とはいえ、勝利の女神は完全にこちらを向いていた。
勿論、弱点を突かれてしまったアメタマピカチュウに勝てる訳もなく、
そのまま完封勝利。

●ビオラ アメタマ ♀ Lv10
○にちは ピカおじょう(ピカチュウ) ♀ Lv11

 

・ビオラ ビビヨン ♀ Lv12
・にちは アチャモ ♂ Lv11

ココで私は本来先頭に出す筈だったアチャモを投入。
相性も良いし、これはもう私の勝利は約束された・・・と思ってたんです。
硬い。とにかく硬すぎるんです。この
コノチョウ、メチャクチャカテーヨォー!
弱点技の火の粉ですらあまりダメージを与えられず。
回復しながらの攻防で長期戦に持ち込もうとしたが、
私将、今度は回復するタイミングを間違ってしまう痛恨のミスを犯してしまう。
勝利の女神もこの愚策には苦笑い。なにも手助けなしで終わってしまった。

○ビオラ ビビヨン ♀ Lv12
●にちは アチャモ ♂ Lv11

 

・ビオラ ビビヨン ♀ Lv12
・にちは ピカおじょう(ピカチュウ) ♀ Lv12

此処で私は公式サイトの事を思い出す。

「あ、そういやコイツ、飛行・虫だったわ」

そんな訳で再びピカおじょうご登場。
ビビヨンは相変わらずまとわりつく攻撃をしてくる。非常にウザったい。
しかし私の狙いはただ弱点を突かせるために出した訳ではない。

ピカチュウの静電気でビビヨンは麻痺してしまった!!

私はこの光景に静かにニヤリと微笑んだ。予定通りである。
ビビヨンのHPゲージは赤。
ココでビオラビビヨンに回復アイテムを使うのは予定通り。
でも、状態異常回復の薬は持ってるのかしらね?

そしてやはりというべきか、ビオラはキズくすりを使ってきた。
けど、その残り回復ゲージだとピカおじょうの攻撃2回でお陀仏になるわよ?
そして素早さはピカおじょうが上。
回復したビビヨンは結局何も出来ずに撃破した。

勝利だけではなく運も実力も恵まれた。

「やっぱりピカチュウがナンバーワン!」

それを改めて確信した良いポケモンバトルであった・・・(ガッツポ)

●ビオラ ビビヨン ♀ Lv12
○にちは ピカおじょう(ピカチュウ) ♀ Lv12


ビオラの勝負に勝った私はバグバッジと技マシン83「まとわりつく」をゲットした。
しかし、結局ピカチュウ一匹で倒しちゃったわけですが・・・
一応このジム虫タイプ専門だったよね・・・?
・・・それにしてもビビヨンの特防凄そうに見える戦いでもあったなぁ。
(*実はそこまで高くなく、単にアチャモが弱かっただけという罠。 80/52/50/90/50/89)

ハクダンジムに出て早速ポケモンを回復させた後、
3番道路・22番道路でまだ捕まえてなかったポケモンを捕獲した。
その途中、くされたケツが早くも進化し、ゲコガシラになった。
あら、以外とカッコイイじゃない。

そして、ある程度ポケモンを捕まえた後、
次の街に向かう為、4番道路に向かった。
その途中で4番道路に行く道を通せんぼしていた、
ビオラの姉であるパンジーさんからがくしゅうそうちを貰った。
どこぞの呟きサイトでも話題になってたけど、今回のがくしゅうそうちは初代仕様に戻ったらしい。
内容はスイッチを入れると手持ちのポケモン全員が経験値を貰えるそうで。
なお、このがくしゅうそうちで後に多くの(主に対戦相手が)悲劇を生むことになるのだが、
それはまだ先の話である。

 

4番道路に入った訳だが、
ココでもポケモン捕獲に勝負を挑んできたトレーナーから金を強奪しつつ進んでいた。
お、あそこに幼稚な男の子が居る。早速バトルしてお金頂戴しなければ!(最悪)
キミキミwwwwwwwお金ちょーだいwwwwwwwwww

園児「かのじょと こうかんした ばっかの
   ポケモンで しょうぶだあ!!」

 

 

 

 

 

リア充(あいつ)ら……駆逐してやる!
この世から……一人残らず!

 

えんじの ユウイチロウは
コイキングを くりだした!

 

 

 

 

 

私は静かに涙を流しながら、そっと彼のご冥福を祈った。
ボーイ、そのコイキングはLv20まで育てておくんだな・・・。
きっといい事が起きるぜ・・・。(その目は優しかった)

そんなトンデモハプニングもあったり、アチャモワカシャモに進化したりしましたが、
難なく次の街であるミアレシティ入口付近まで辿り着いた。
その時、ゲート入口付近にいるジーナデクシオと呼ばれる男女二人組に話しかけられた。
どうやらこの二人は2年前にプラターヌ博士からポケモンと図鑑を託されたトレーナーだそうだ。
二人は研究所に案内しようかと尋ねたので、私はそれを承諾した。
案内する前にで・・・で・・・ルクシオから技マシン27「おんがえし」を貰った。

私は二人の後を付いて行き、ゲートを出た。
そしてゲートを抜けると、そこには大勢の人とポケモンが行き交う街が。
カロス地方最大の都市「ミアレシティ」に私は足を運んだのであった。

 

【4話:全国図鑑No001「なんか(プラターヌを)食べちゃいたい・・・」 に続く】

 

□ 現在のメンバー

○くされたケツ(ゲコガシラ) ♂ Lv16
性格:ゆうかん 特性:げきりゅう 持ち物:なし 仲良し:2
強烈な臭いを放つケツを持つ最初の御三家枠。
現在は一番の空気であるが、今後の活躍に期待している。

・ホモォ・・・(ホルビー) ♀ Lv14
性格:いじっぱり 特性:ものひろい 持ち物:なし 仲良し:0
今のところ確定メンバーに入れるか不明。
ものひろい担当。

○ワカシャモ ♂ Lv16
性格:いじっぱり 特性:かそく 持ち物:バシャーモナイト 仲良し:1
XYの新要素を触れる為に入れたポケモン。
トレーナーの愚策であまり活躍出来なかったものの、
これからの活躍には期待。

○ピカおじょう(ピカチュウ) ♀ Lv14
性格:おくびょう 特性:せいでんき 持ち物:なし 仲良し:5
お馴染みの俺の嫁。
一つ目のジム戦は結局2匹全員倒し、大活躍を見せたお嬢さん。

・リオたそ~(リオル) ♂ Lv12
性格:いじっぱり 特性:せいしんりょく 持ち物:なし 仲良し:2
22番道路で捕まえたポケモン。
XYの新要素を触れる為に入れたポケモンだが、
既に同じ格闘のワカシャモがいる為、外される可能性アリ。

 

□ 捕まえたポケモン

・しっこのむぅ(シシコ) ♀ Lv5 性格:なまいき 特性:きんちょうかん 出会い:22番道路
vipper(ビッパ) ♀ Lv6 性格:せっかち 特性:てんねん 出会い:22番道路
・マー(カモネギ) ♂ Lv10 性格:ようき 特性:するどいめ 出会い:ハクダンシティ(交換)
・みのもんた(ミノムッチ) ♂ Lv5 性格:うっかりや 特性:だっぴ 出会い:3番道路
じゅんいち(コダック) ♂ Lv6 性格:まじめ 特性:ノーてんき 出会い:22番道路
・アニキオッス(ラルトス) ♂ Lv8 性格:なまいき 特性:シンクロ 出会い:4番道路
・レディーガガ(レディバ) ♂ Lv8 性格:おくびょう 特性:むしのしらせ 出会い:4番道路
マジかんべん(ミツハニー) ♀ Lv8 性格:すなお 特性:みつあつめ 出会い:4番道路
あのはな(フラベベ) ♀ Lv7 性格:しんちょう 特性:フラワーベール 出会い:4番道路

 

□ データ

プレイ時間:20:12
バッジ:1個
捕まえた数:26匹
見つけた数:37匹

 

にちは

ピカチュウをこよなく愛する社会電気鼠。 ピカチュウも良いけど、フォッコとサンゴにゃんもええぞ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。