【ポケモンY】ワイと蛙のカロス放浪記 7話

某団体組織「爆発現象にリスペクトされた。訴訟も辞さない」
某団体組織「恒星やコンパクト星、ガス状の星間物質や宇宙塵、
      そして重要な働きをするが正体が詳しく分かっていないダークマターなどが、
      重力によって拘束された巨大な天体(wikipediaより引用)
      に訴えられた、マネした訳じゃないのに・・・・」

某団体組織「そんな事よりポケモンを利用して悪巧みしてぇーなーマジ」
某団体組織「コイツ等腐ってやがる・・・。
      やはりこのご時世、ポケモンはトレーナーから開放しなければならない!」(ガッツポ)

某団体組織「陸増やしてぇ」
某団体組織「海増やしてぇ」


 

 

7話: オシャレファッション!その名はフレア団!!

 

どう足掻いても通せんぼされる絶望という現実を受け入れた私は素直に化石研究所に立ち寄った。
カルムも後を追ってたようで、私が研究所に入るなり彼も中に入ってきた。
私達二人は化石研究所の最高責任者といえそうな人にメガシンカについて話しかけた。
どうやらこの人も「不思議な石が関係する」しか分かっていないそうだ。
ここも手がかりなしだったか・・・。

その代わり、博士からポケモンのカセキについて知ってるのかと聞かされた。
そら(この世界も長年の歴史があるんだから)そう(いう化石とかあるに決まってる)よ。
そう言ったら博士は是非助手の化石の発掘に立ち入ってほしいと言われた。
ま、まぁポケモン図鑑が埋められるのなら、行こうじゃないか。
どうせまだ通せんぼのままだし(震え声)

私は輝きの洞窟に向かうべく、9番道路に向かった。
この道路はサイホーンに跨って進まないといけないらしい。
それにしてもサイホーンに跨うの久しぶりの感覚だな。
ついさっきまで母さんのサイホーンに乗った気がしたんだどな。
そんな微妙な懐かしさを感じながらも私と借り物のサイホーンは先に進んだ。

うわっ!メグロコが飛びかかってきた!

あ、エンカウント制なんですかココ。

9番道路にある輝きの洞窟に着いたところで、早速中に入った。
洞窟の中は少し迷路となっていて、道幅もかなり狭かった。
しかし辺りに埋められている青い石みたいのがあって、
いい感じに綺麗で良かったと思った(小波感)

奥に進むと赤いスーツを着た変な格好の男性が居た。
男性はこちらに気づくと、すぐに私の方に向かって走ってきた。

男性「おやぁ?もの好きなトレーナーがやってきちゃったよ。
   いいか!おれら泣く子も黙るオシャレチーム フレア団!」

ステキファッションのギンガ団?(難聴)

男性「フレア団の目的は俺達だけがハッピーになること。
   その為他のトレーナーやポケモンがどうなってもいいのさ!」

うわあ、この人絶対に近づいちゃいけないパターンの人や。
きっとこれから私の事を襲う気だろう、エロ同人みたいにね!!
おい、そこの同人ファン、早く私とこいつのイチャイチャしてる薄い本を早く発行するんだ!
主人公と雑魚の悪役の滅多にないCPだぞ!?

あ、勿論受けは私でお願いしますッ!!とまぁ、冗談はともかく・・・。

男性「あんた子供でしょ?まだ消えたくないでしょ?」

ふえーーーん!私消えたくないよぉー!しにたくないよぉぉーーー!!
えーーーん!えーーーーーーん!!うわああああああああああん!!!

 

 

 

・・・・・・で?酷く泣き叫んで見たけど、これで満足したかしら?
つーか、そんな脅しで私が屈するとでも思ったのかしら、この単細胞は。
さて、私の目が黒くなる前にさっさと私ではなくピカおじょうの前から消え失せて、どうぞ(威圧)

男性「・・・おしゃれなスーツも汚れるスマートじゃないやり方だけど・・・。
   消し去ってやるさ!いけー!デルビル!!」
(シェー!)

え、なにその決めポーズ(ドン引き)
まぁ、いいだろう。
キミも消し去ってやるさ!いけー!くされたケツ!!(ブリブリアヘアヘウンコマンブリッチョ)

 

 

 

ふぅ、用は足したね(暗黒微笑)
けど、スマートに崩れ去った彼によるとまだ仲間が居るみたいだ。

私は近くに居た一人の仲間も駆逐し、更に奥に進んだ。
そこには二人のフレア団下っ端が居た。
所詮下っ端の位置が限界の雑魚のくせに生意気ね、返り討ちしたるわ。

カルム「にちは。相手はフレア団二人ね…」

nice kalumu.
てかフレア団知ってるのか。

カルム「さっきも別のフレア団と戦ったよ」

ああ、成程。てかまだ居たのか。

カルム「アンタらフレア団がハッピーになるならとめない。
    だけど俺達を消し去るなんて何言ってるの?(笑)って感じだよね」

お!煽りレベル高いゥー!

そんな訳で私&カルムとフレア団下っ端二人のバトルが始まった。
相手はズルッグとグレッグル。
私はサンゴにゃんカルムはなんとニャスパーを出した。
おいおいニャスパー出すとか最高じゃないの!
カルムとは美味い酒が飲めそうだ・・・私達未成年だけど。
勿論、勝負はサンゴにゃんとニャスパーに軍配が上がった。
これで進化すれば最高なんだけどなー、カルムのニャスパーは♂だし。

下っ端「ちっ!フレア団御用達のオシャレスーツが汚れたぜ」

ひょ、ひょ、ひょえええええwwwwwwwwwwwww
御用達とかwwwwwwww豪族か何かデスカァwwwwwwww

どうせ安物のスーツでしょwwwwwww
安物スーツは破く以外ありえないwwwwwwwww

下っ端「化石も復活させればいい金儲けになるのよ!」

それなんてロケット団発想。

下っ端の美味しい美味しい負け犬の遠吠えを無視して、私は奥に進んだ。
その先には助手がいた。
どうやら化石に夢中しすぎた為か、
私達とフレア団とのやりとりどころかフレア団の存在さえ気付かなかったらしい。
哀れ成、フレア団。つか、この人どんだけ化石に集中してたんだ。
結構大きな音だしたと思ってたんだけどな・・・。

助手はどうやら二つの化石を見つけたらしく、私達にくれるそうだ。
なんて太っ腹なんだ。さっきまで戦ってた雑魚とは器の大きさが違すぎる。
それでは言葉に甘えて、私はあえてヒレの化石を選ぶぜ!

私は化石を復元する為に外に出て、コウジンタウンにある研究所に戻ってきた。
私は早速助手にヒレの化石といわくだきで拾ったひみつのコハクを復元するよう頼んだ。
そして助手の手によりヒレの化石からはアマルス、ひみつのコハクからプテラを復元した。

さて、化石なんて今はどうでもいいんだ。
これでようやくショウヨウシティに行ける!
私は野良トレーナーを次々と薙ぎ倒しながらショウヨウシティに向かった。

海側の8番道路はそこまで寄り道するところもなく、早くもショウヨウシティに辿りついた。
私はとりあえずジムへの道を探しながら街の探索を始めた。
途中自転車屋で自転車を頂戴し、
自転車コースらしき道で走ってたら突然脇道から現れた男の人に話しかけられた。
どうやらこの人は自転車レースというイベントで1位を取ったらしい。
いや、そんなイベントあるの知らんし初耳よ。
彼はレースを見れなかった代わりに秘伝マシン「かいりき」をくれた。
なんか知らんけど有難う知らない君。
それじゃ、またの機会があったら雑談d

男性「もっとも戦っていない時にかいりきの技を使うなら。
   ジムリーダーの私が渡すジムバッジが必要です。
   わたしはポケモンジムにいますので、よろしければいらして下さい」

ほう、なら早急に挑まないと駄目ですね(暗黒微笑)

そんな訳で私は早速ジムへと足を運んだ。
ココは岩タイプを専門としているジムだとか。
ケツリオくずはだけでいけるな。

早速ジムのトレーナーを一掃し、頂上に居るジムリーダーに話しかけた。

ザクロ「わたしは待っていました。
    首を長くして…いえ、首だけではなく手足も伸ばして…」

それは私のセリフよ。私もずっとこの時を待ってたのよ。
さっさとこの人を倒してワカシャモと合流しなければ。

こうして、それぞれこの時を待ってた者同士のポケモンバトルが始まった。


 

・ザクロ アマルス ♂ Lv25
・にちは リオたそ~(ルカリオ) ♂ Lv34

相手の先頭アマルスのタイプは岩氷。
そして相手の手持ちが二匹ということはもう一匹はアゴの化石から復元したポケモンかな。
なお、肝心のバトルはリオたそ~のはっけいで一発で仕留めた模様。
相性は4倍だし残当。

●ザクロ アマルス ♂ Lv25
○にちは リオたそ~(ルカリオ) ♂ Lv34

 

・ザクロ チゴラス ♂ Lv25
・にちは リオたそ~(ルカリオ) ♂ Lv35

Lv差が10もある相手に負けるはずもなく、
これまたリオたそ~のはっけいで一発ノックアウト。
なんのドラマの糞もなく、完全勝利で終わった。
戦犯はキミのポケモンじゃなくて学習装置だから安心して・・・。

●ザクロ チゴラス ♂ Lv25
○にちは リオたそ~(ルカリオ) ♂ Lv35

 


 

なんか、うん。無性に彼に土下座したくなるぐらいの圧勝でした。
かつてこんな楽勝すぎるジム戦はあったか。
まぁ、結果はどうあれこれで二つ目のバッジをゲットした。
これでワカシャモも安心していう事を聞いてくれるだろう。
ただ今のLvは32なので、ちょっとペース早めに3つ目のバッジもゲットしなければなぁ。

私はショウヨウシティを後にし、
10番道路でイーブイやらイーブイやら他のポケモンやらイーブイやらを捕まえた。
そして性懲りも無くLv19♀のイーブイを捕獲し、ポケパルレで十分愛でて、ニンフィアに進化させた。
ゲットして進化するまでの時間、たったの30分の出来事であった。
かわいいは正義だね(ニッコリ)

 

【8話:ʅ(;´◔౪◔;)ʃ 「遺跡が移籍した」 に続く】

 

□ 現在のメンバー ○は確定メンバー ▼はメンバー外し

○くされたケツ(ゲッコウガ) ♂ Lv37
性格:ゆうかん 特性:げきりゅう 持ち物:なし 仲良し:5
強烈な臭いを放つケツを持つ最初の御三家枠。
ついに最終進化した彼の活躍が期待される。

○ワカシャモ ♂ Lv33
性格:いじっぱり 特性:かそく 持ち物:バシャーモナイト 仲良し:5
XYの新要素を触れる為に入れたポケモン。
2つ目のバッジを手に入れ、久しぶりに旅パ復帰した。

○ピカおじょう(ピカチュウ) ♀ Lv35
性格:おくびょう 特性:せいでんき 持ち物:なし 仲良し:5
お馴染みの俺の嫁。
一つ目のジム戦で大活躍を見せたお嬢さん。

・リオたそ~(ルカリオ) ♂ Lv36
性格:いじっぱり 特性:せいしんりょく 持ち物:なし 仲良し:5
2つ目のジムで無双した、メンバーの中で一番の火力を持つポケモン。
イーブイを手に入れるまでの足枷だったので本来はココでメンバー外したいところだったが、
B2同様かなり使い勝手がよかった為、これからの扱いをどうするか検討中。

○くずは(フシギバナ) ♂ Lv35
性格:なまいき 特性:しんりょく 持ち物:フシギバナイト 仲良し:5
プラターヌ博士から貰ったポケモン。
この子も最終進化を遂げた。

○サンゴにゃん(ニャオニクス) ♀ Lv34
性格:おとなしい 特性:すりぬけ 持ち物:なし 仲良し:5
6番道路にて捕まえたポケモン。
進化しても可愛いけど、やはり進化前のニャスパーが一番可愛いよ!

○こん(ニンフィア) ♀ Lv20
性格:ゆうかん 特性:メロメロボディ 持ち物:なし 仲良し:3
ゲットして30分後にスピード進化をした。
ポフレを意図的に落とそうが決して怒らないぐう聖。
今後の活躍に期待。

 

□ 捕まえたポケモン *一部のポケモンのNNにリンクがあるのは元ネタ

・ほえる(メグロコ) ♂ Lv17 性格:ずぶとい 特性:じしんかじょう 出会い:9番道路
・HipHop(ヒポポタス) ♂ Lv15 性格:わんぱく 特性:すなおこし 出会い:9番道路
・パンツきてる(エリキテル) ♀ Lv15 性格:ゆうかん 特性:かんそうはだ 出会い:9番道路
アルソック(ソルロック)  Lv17 性格:すなお 特性:ふゆう 出会い:輝きの洞窟
・タケシサン...(イワーク) ♀ Lv17 性格:いじっぱり 特性:いしあたま 出会い:輝きの洞窟
・サキ(サイホーン) ♀ Lv17 性格:れいせい 特性:ひらいしん 出会い:輝きの洞窟
・しんぞうモリ(コロモリ) ♂ Lv15 性格:のんき 特性:てんねん 出会い:輝きの洞窟
レオパレス(イシズマイ) ♂ Lv15 性格:なまいき 特性:がんじょう 出会い:輝きの洞窟
・てっぺい(テッシード) ♀ Lv17 性格:ようき 特性:てつのトゲ 出会い:輝きの洞窟
・くちく(クチート) ♂ Lv15 性格:のんき 特性:いかく 出会い:輝きの洞窟
からざわ(カラカラ) ♀ Lv15 性格:やんちゃ 特性:いしあたま 出会い:輝きの洞窟
・ぼしかてい(ガルーラ) ♀ Lv17 性格:のんき 特性:きもったま 出会い:輝きの洞窟
つきのうさぎ(ルナトーン)  Lv17 性格:おくびょう 特性:ふゆう 出会い:輝きの洞窟
・アマルス ♂ Lv20 性格:がんばりや 特性:フリーズスキン 出会い:コウジンタウン
・プテラ ♂ Lv20 性格:わんぱく 特性:プレッシャー 出会い:コウジンタウン
・リアじゅう(ラブカス) ♀ Lv15 性格:きまぐれ 特性:すいすい 出会い:8番道路
カメェェェェ(カメテテ) ♂ Lv13 性格:むじゃき 特性:スナイパー 出会い:8番道路
エモボール(エモンガ) ♀ Lv19 性格:のうてんき 特性:せいでんき 出会い:10番道路
・そらとぶアレ(シンボラー) ♀ Lv21 性格:せっかち 特性:マジックガード 出会い:10番道路
・あおいウサギ(ブルー) ♂ Lv21 性格:おだやか 特性:にげあし 出会い:10番道路
ルチャリブレ(ルチャブル) ♀ Lv21 性格:てれや 特性:かるわざ 出会い:10番道路
いかづち(ラクライ) ♀ Lv19 性格:さみしがり 特性:せいでんき 出会い:10番道路
・きんにくつう(ワンリキー) ♂ Lv20 性格:やんちゃ 特性:ノーガード 出会い:輝きの洞窟
・ぶい(イーブイ) ♂ Lv19 性格:ゆうかん 特性:にげあし 出会い:10番道路
・ぶーさん(イーブイ) ♂ Lv20 性格:ようき 特性:てきおうりょく 出会い:10番道路
・いーコ(イーブイ) ♂ Lv20 性格:のんき 特性:にげあし 出会い:10番道路

 

□ データ

プレイ時間:80:17
バッジ:2個
捕まえた数:セントラル:68匹 コースト:33匹
見つけた数:セントラル:84匹 コースト:47匹

 

にちは

ピカチュウをこよなく愛する社会電気鼠。 ピカチュウも良いけど、フォッコとサンゴにゃんもええぞ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください