【ポケモンY】ワイと蛙のカロス放浪記 14話

14話:み●●んた「それではフレア団入団にかけて・・・・・・500万円の挑戦・・・!」


【フラダリの弄り方】
・画像のコラ素材として使う。
・むしろフラダリを土台にしたコラ画像を作る。
・フレアの名で活動している組織のボスなのに、
 切り札はギャラドスとかテラワロスwwwww等々煽る。
・ついでに明日への希望を煽る。
・厳つい髪型をモヒカンに整える。


サナちゃん相棒トロバさんの誘いでクノエシティ北のボール工場に来た。
階段を登る途中でサナちゃん相棒が話してるのを見つけたので、そちらに向かう。

サナ「あたし、もう一度お話ししてくる!」
トロバ「ちょっと!サナさん!」

そう言い、サナちゃん相棒は工場の方へと走っていった。
門前払いくらわれたか・・・。
残念ながら当然、シェー軍団が通せんぼしてるなら仕方ないね。

二人が去った直後、カルム消えるのもこちらに向かって来た。
あれ、君達も来たのか。

ティエルノ「あれれ?今サナぴょんとトロバっち走っていかなかった?」
カルム「待ち合わせをしたのに何があったんだよ・・・?」

そのとき、二人の悲鳴が聞こえた。
直後、サナちゃん相棒が走りながらクノエシティの方に戻ってきた。
その後、フレア団下っ端も二人を追いかける様に走っていった。
おうおう、貴重なピカチュウ仲間に何しようとしとるんじゃボケ。後、おまけの友達も。

ティエルノ「え?え?どうなってるの?とっ、とりあえず追いかけないとねぇ!」

そういい、消えるのも3人の後を追った。
とっさの判断で正しい行動に移すティエルノ、有能。

カルム「フレア団・・・?何か起きているのかも。今のうちに中を調べよう」

ええ・・・私、相棒を探したいんですけど・・・。一人で行って、どうぞ(迫真)
と言う訳にもいかないので、渋々工場の中に入ることにした。
中に入ってすぐに下っ端が待ち構えていた。

下っ端「・・・外の連中見張りも出来ないのかしら。
    申し訳ありませんが只今見学出来ません事よ」

見た感じ見張り一人しか居なかったんですが、それは大丈夫なんですかね・・・?
下っ端がそう言ってる間にカルムも追ってきた。
アンタ言いだしっぺのくせに遅いぞ。

カルム「その赤いスーツ、フレア団だろ。
    いつからボール工場でアルバイト始めたんだ?」

下っ端「なっ!?フレア団を馬鹿にしないでよ!いけ、グラエナ!」

なんかお隣さんの煽りスキルが格段に上がってる気がするんですが・・・。
あれ?いつもこんな感じだっけ。

カルム「ここはオレに任せな。キミ、先に行きなよ!」

おいやめろ、それは死亡フラグや。
まぁ、カルムの事だから何とかやってくれるでしょうし、奥の方に進みますかね。

 

工場の中でウロウロしていた下っ端達を全員土を付かせ、
先に進んだ私は2階右奥の部屋まで辿り着いた。
おそらくココに首謀者らしき人物が居るだろうな。
そして彼らもまた圧倒的なLv差に絶望するだろうな(白目)
首謀者に少し同情をしながらも、私は部屋に入っていった。

部屋の中にはフレア団らしき人物が3人。しかも全員女・・・だと・・・?
そして奥に座ってるのはこの工場のお偉いさんかな。

緑髪の女「あんたさ、フレア団の為、働きなさい。
     そうすれば一々あたし達がボールを運ばなくて済むもの」

紫髪の女「それともお金を払ってフレア団のメンバーになるとか」


紫髪の女「500万円ぐらい楽勝でしょ?」


え、ちょっと話が見えないんですが・・・。フレア団に入るのに500万円払わないといけない?
そういえば、ミアレシティのフラダリカフェに居た女性も500万円うんたらの話をしてたし、
クノエシティ探索中に15番道路のゲートに行ったけど、
その先に足止めしている下っ端もあんな事言ってたね。

下っ端「これ!先に進みたければフレア団の仲間になれよ!
    そうだな、500万円で入れてやるぞ

あれ、いかにも馬鹿が考える冗談だと思ってたけどマジで言ってたのかよ・・・。
てことはスマート野郎もユリ野郎も工場の入り口で足止めしてた役立たずも、
団員全員500万円払ってフレア団に入団したという事か。
嘘でしょ?あのアホ共、そんな大金を支払ってココに入ったのかよ。
おおう・・・500万円でフレア団に入れるのが本当なら、なんか一気に狂気の集団に見えてきたね・・・。

社長「君達フレア団はナニを考えてるのだ!」

こんな部屋に3人の女性に囲まれてしかも結構露出している子供も侵入して、
さぞアンタも今現在不純な事考えて無いでしょうかね・・・?

社長「モンスターボール独占なんか私は許さないぞ!」
緑髪の女「いいじゃない、そんな人ほっとけば」
赤髪の女「そうね、他の人が使えないよう爆破しちゃいましょう」

目的の為に湖を爆破する某ギンガ団みたいな発想やめーや。

赤髪の女「あらあら侵入者」
社長「侵入者はお前達だろ!」

nice ツッコミ。

社長「おお!キミ!助けてくれ!!」
赤髪の女「あらあら社長さん必死ね。
     仕方ない、あたしが希望をぷちっと潰しちゃう」

ぷちっどころかそちらがバッキボッキと潰されそうなんですが、それは。
そんな訳で幹部の女と!

いざ!

 

 

 

 

勝負あり!!

結局!私の!!

全勝でしたああああああああああ!!!!

 

・・・残当。

幹部の女「なっ、なによ!冴えない社長の為、真剣にならないでよ!」

確かにさっきのやりとりを見れば、冴え無さそうなのは明らかだね・・・。

紫髪の女「ヤダー!幹部なのにダサーい!
     いいわよ!後片付けはあたし達、科学者コンビで」

緑髪の女「2vs1でやっつけましょ、勝てる確率はあげないと」

いや、あの・・・。多分・・・いや、絶対結果は私の圧勝・・・。

カルム「それはムリだね」

カルム「待たせたな」

カルーム!応答しろ!カルーーーーーーーーーーム!!!!
とまぁ、おふざけはこれまでとして・・・。

緑髪の女「まだ居たの?」
紫髪の女「関係ないけどね。
     子供が一人でも二人でもあたし達のコンビネーションなら更に勝利の確立アップ」

あんた等、先ほどの幹部とのバトルをもう一回思い出してから眼科でも行けよ。
アレはもうバトルじゃない、虐殺レベルやで。
バンジーさんから貰った学習装置よって鍛えまくった私の手持ちで勝てるの?
後、バンジーさんはさっさと謝ってくだs(ry

カルム「その計算間違ってるよ、科学者のくせに大丈夫?」

お!煽りスキル更に高くなってるゥー!!

カルム「キミの隣で戦うけど良いよね?お隣さん」

ピカピって呼んでくれないの?呼んでくれたのに?
呼んでくれたのにまたお隣さん言うの?言っちゃうの?ねぇ、言っちゃう・・・

ゴホン、まぁ私の迷惑にならない程度でなら良いけどね。
こうして私とカルム緑髪のバラ紫髪のコレアとのタッグバトルが始まった。


 

コレア ライボルト ♀ Lv41
 バラ  レパルダス ♀ Lv41
にちは メガリオたそ~  ♂ Lv58
 カルム ニャオニクス   ♂ Lv37

カットするのもアレなんで、戦況を見てみましょうか。
さっきは同情するとは言ったけど、別に手加減するとは言って無いからね?
そんな訳で私はリオたそ~をメガシンカをさせた。
そしてメガリオたそ~の波動弾でまずレパルダスを一発撃沈に成功。
ちなみに先制はニャオニクスでねこだましをレパルダスに喰らわせた。
相手のライボルトはかみつくでニャオニクスに攻撃、効果はバツグンも1/3しか与えることが出来ず。
まぁ、タイプ一致じゃないからね。残当。
そして2ターン目はリオたそ~のはどうだんでライボルトを一発撃沈させた。
やっぱ楽勝でしたね(ニッコリ)

●コレア ライボルト ♀ Lv41
 バラ  レパルダス ♀ Lv41
にちは メガリオたそ~  ♂ Lv59
 カルム ニャオニクス   ♂ Lv37

 


バラ「あらま?」
コレア「ヤダー!残念、敗れちゃった」

だから相手にならないとあれ程言ったのにねぇ?

幹部の女「ああもう!
     モンスターボールもスーパーボールもハイパーボールも奪ったし、
     ココは引き上げます!」

そういい、バラコレア幹部の女率いるフレア団は工場から去っていった。
てか既に奪ってたんですか。

社長「君達助かった!ホント助かったよ!君達は若いのに素晴しいポケモントレーナーだ!
   よーし!御礼をしよう。
   マスターボールとでかいきんのたま、どちらか好きな方を選ぶのだ」
カルム「キミから選びなよ」

マジかよ。
てかこれもう(マスターボール一択しか)ないじゃん。

私は迷いなしにマスターボールを選び、社長から譲り受けた。
そして何故か選ばなかったでかいきんのたまも頂いた。
選択肢の意味は一体・・・ウゴゴゴ
ちなみにカルムも同じものを頂いた模様。

社長「君達なら正しく使える!そんな気がするからね。あんなフレア団と違って」

あの、でかいきんのたまの使用法とは。

社長「言っておくがでかいきんのたまの使い方は私も知らないよ」

コレをアレしてこうしてああするんですね、分かります。
それにしても、でかいきんのたまがもう一つあれば、
何処ぞの胸鉄板のアイドルとか関西弁の軽空母が胸をでかく誤魔化そうとする
モノマネが出来るんですがねぇ(ゲス顔)

社長「それにしても・・・フレア団め。ボールを独占してナニを企んでいるのだ?」
カルム「モンスターボールを奪った。
    という事はポケモンを集めて何かを企んでいるのか。
    聞いたけれど発電所もフレア団の仕業なんだろ。
    ポケモン・・・電気・・・ナニが目的なんだ?」

んー何があるのは確かなんだけどねぇ。
目的はまだまだ分からないね。

 

ボール工場の件も落着したところで私は工場から出たところ、
サナちゃん相棒消えるのが来た。
どうやら二人は無事だったようだ。
相棒とピカチュウを傷一つ付かずに無事に見つけだしたティエルノ、超有能。

サナ「ねぇねぇ、今更だけど見学しても大丈夫?」

サナちゃんがそう言うと、先ほどの部屋に居たカルムが追ってきた。

カルム「無理だね。フレア団の仕業でそれどころじゃない」
サナ「フレア団?聞いた事あるかも・・・」
トロバ「もしかしてですが、さっきの赤いスーツ・・・?」

そういやこの3人はこのボール工場の件で初めてフレア団と接触したのね。
消えるのは一方的に見てただけだけど。

カルム「そう、トロバ。フレア団は・・・・・・・・・・・・」
ティエルノ「皆のモンスターボールを力ずくで奪ったの・・・?」
トロバ「・・・なんと。関わり合いにならない方が良さそうな連中ですね」

ピカチュウ保護の為に言うが、相棒フレア団に関わらなくてもええんやで(ニッコリ)

ティエルノ「そうだねトロバっち。フレア団・・・酷いんだねぇ。
      どうしようかなぁ。タウンマップだと次に行くのはフウジョタウンかなぁ」

そう言って消えるのトロバは工場から出た。

サナ「ピカピとカルムは凄いんだね!。
   そんな悪い人よりはるかに強いんだもん!
   でも無理しちゃ駄目だからね。じゃーねー♪」

サナちゃんはそう言い、工場から出た。
うん、正しくは私が強くしすぎたんだけどね・・・。

カルム「有難う、キミのお陰で皆無事だったよ。
    でもキミに頼ってばかりだと旅で成長出来なくなる・・・」

もっと信頼してもええんやで(その目は優しかった)

 

私も工場から出て街に戻ろうとしたところ、突然ホログラムメールを受信された。
どうやらメールの内容は臨時ニュースで、ボール工場の事件について取り上げていた。
どうやらボールの販売に影響はないとの事だった。
朗報やね(ニッコリ)
あ、私にはバトルシャトーとかいう巨大なサイフがあるんで高騰しても別に問題ないッス。

街に戻り、ポケセンで手持ちポケモンを回復させた私は次のジムに向かう為、15番道路に行った。
15番道路を通ってる途中、またホログラムを受信した。
相手はコラ素材に提供のあるあの人だった。

フラダリ「プラターヌ博士とメガシンカについて調べたところ、
     ポケモンの秘めたエネルギーを一時的に解放することで
     通常の進化では有り得ない力を発揮するようですね。
     これは全てのポケモンや人に可能性があるのか。
     それとも選ばれた存在のみに可能性が秘められているのか。
     ナニを意味していると思いますか」

選ばれたポケモンがあるにしろないにしろ、
多分ゲーフリは全ポケモンにメガシンカさせる気は無いとウワナニヲスルヤメロ
しかし、こういうのは金髪で青い触覚が生えたメガネのあの方の専門だと思うんだ。
おいメガネ野郎、イッシュで遊んでる暇ねーぞ早くカロスに来いよ。
絶頂射精が出来るぐらいの研究が待ってるぞ!

 

次の街に訪れる前に荒れ果てたホテルでスケート技を覚えたり、
16番道路で凄い釣竿をゲットしつつした。
そしてある程度道草をし終えた私は次の街であるフウジョタウンに行ったのであった。

【15話:雪の地にミニキャミソールを着た結果wwwwwwwwwwwwwww に続く】

 

□ 現在のメンバー

・くされたケツ(ゲッコウガ) ♂ Lv66
性格:ゆうかん 特性:げきりゅう 持ち物:なし 仲良し:5
強烈な臭いを放つケツを持つ最初の御三家枠。相変わらず空気。

・バシャーモ ♂ Lv61
性格:いじっぱり 特性:かそく 持ち物:バシャーモナイト 仲良し:5
XYの新要素を触れる為に入れたポケモン。今回は出番なし。

・ピカおじょう(ピカチュウ) ♀ Lv69
性格:おくびょう 特性:せいでんき 持ち物:しんかのきせき 仲良し:5
お馴染みの俺の嫁。マーシュ戦で先頭のクチートを倒したお嬢さん。

・リオたそ~(ルカリオ) ♂ Lv62
性格:いじっぱり 特性:せいしんりょく 持ち物:ルカリオナイト 仲良し:5
何卒使い勝手の良いポケモン。今回はフレア団との戦闘で活躍した。

・くずは(フシギバナ) ♂ Lv65
性格:なまいき 特性:しんりょく 持ち物:フシギバナイト 仲良し:5
プラターヌ博士から貰ったポケモン。クノエジムで大活躍した。

・サンゴにゃん(ニャオニクス) ♀ Lv69
性格:おとなしい 特性:すりぬけ 持ち物:なし 仲良し:5
6番道路で出会い、主を駄目にした罪な猫。
今回はフレア団との戦闘で触れた程度でそこまで活躍していなかった。

・こん(ニンフィア) ♀ Lv68
性格:ゆうかん 特性:メロメロボディ 持ち物:おまもりこばん 仲良し:5
ゲットして30分後にスピード進化をした。
ポフレを意図的に落とそうが決して怒らないぐう聖。

 

□ サブメンバー

・ルシフェル(アブソル) ♂ Lv67
性格:おくびょう 特性:プレッシャー 持ち物:なし 仲良し:0
捕獲要員。
Lv16のマダツボミの敗戦は決して忘れられないだろう。

・アメトーーク(アメモース) ♂ Lv28
性格:おっとり 特性:いかく 持ち物:なし 仲良し:0
あまいかおり要員。
群れしか出てこないポケモンも居る為、捕獲に結構役に立った。

・リーダー(ムクバード) ♀ Lv33
性格:さみしがり 特性:いかく 持ち物:なし 仲良し:0
空を飛ぶ要員で何故か進化した。ただそれだけ。

 

□ 捕まえたポケモン *一部のポケモンのNNにリンクがあるのは元ネタ

・たまげたなぁ(タマゲタケ) ♂ Lv35 性格:せっかち 特性:ほうし 出会い:15番道路
おのだいすけ(ヤミカラス) ♀ Lv18 性格:おとなしい 特性:きょううん 出会い:15番道路
・スコール(スコルピ) ♂ Lv35 性格:のうてんき 特性:カブトアーマー 出会い:15番道路
・ねこのて(レパルダス) ♂ Lv36 性格:なまいき 特性:じゅうなん 出会い:15番道路
・こまりました(コマタナ) ♂ Lv35 性格:おくびょう 特性:せいしんりょく 出会い:15番道路
・なんのカギ?(クレッフィ) ♂ Lv36 性格:すなお 特性:いたずらごころ 出会い:15番道路
・それでそれで(ミルホッグ) ♀ Lv36 性格:しんちょう 特性:はっこう 出会い:15番道路
・かっぱスシ(ハスブレロ) ♂ Lv36 性格:おだやか 特性:すいすい 出会い:15番道路
・フリーセル(フローゼル) ♂ Lv34 性格:なまいき 特性:すいすい 出会い:15番道路
・クソゴミバカ(ヤブクロン) ♂ Lv35 性格:てれや 特性:ねんちゃく 出会い:荒れ果てホテル
・こわいおかた<御方>(ヒトモシ) ♂ Lv38 性格:うっかりや 特性:もらいび 出会い:荒れ果てホテル
・1いのしんか(レアコイル)  Lv37 性格:なまいき 特性:がんじょう 出会い:荒れ果てホテル
・ランタン(バケッチャ) ♀ Lv34 性格:がんばりや 特性:ものひろい 出会い:16番道路
・ボクです(ボクレー) ♀ Lv35 性格:ずぶとい 特性:しぜんかいふく 出会い:16番道路

 

□ データ

*書き写し忘れた為、今回は捕まえた数のみ更新します

プレイ時間:195:28
バッジ:6個
捕まえた数:セントラル:77匹 コースト:71匹 マウンテン:15匹
見つけた数:セントラル:114匹 コースト:102匹 マウンテン:39匹

 

にちは

ピカチュウをこよなく愛する社会電気鼠。 ピカチュウも良いけど、フォッコとサンゴにゃんもええぞ!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください